関西学生サッカーからプロへ。2017シーズン入団選手。

2017シーズンを前に、関西学生サッカーで活躍した23人の選手たちがJクラブへの入団を決めた。プロを目指した4年間、学生リーグを素晴らしいプレーの数々で盛り上げてくれた彼らの、これからの活躍にも注目したい。

 

プロサッカーへ、選ばれた選手たち。

 

日本のサッカー人口は、JFA登録選手だけでも90万人近くにのぼる(女子・シニアを除く)。プロを目指す選手も少なくない。しかし、その夢をかなえられるのはほんのわずかだ。2017シーズン、関西学生サッカーからは23人もの選手たちが夢をかなえ、プロでの一歩を踏み出した。 続きを読む 関西学生サッカーからプロへ。2017シーズン入団選手。

The KSL Awards 2016 優勝・昇格へ、熾烈な戦いは続く。

16jfl_pics_02

関西サッカーリーグの今シーズンを締めくくる「The KSL Awards 2016」が12月17日(土)大阪市内のホテルで開催された。シーズンを沸かせた選手・監督をはじめ、リーグ関係者やファン・サポーターが見守る中、表彰された選手たちの言葉からは、支えてくれた人への感謝とともに、さらに上を目指す熱い気持ちが感じられた。およそ2時間にわたって行われたアウォーズ。表彰された選手・監督をそのスピーチとともに紹介したい。 続きを読む The KSL Awards 2016 優勝・昇格へ、熾烈な戦いは続く。

関西学生サッカーアウォーズ 健闘の2016シーズン

std2016_pics_02

関西学生サッカーリーグの2016シーズンを締めくくる表彰式が、11月27日(日)関西大学千里山キャンパスで開催された。生憎の雨にも関わらず、会場にはシーズンを沸かせた選手をはじめ父兄や報道関係者など大勢が集まった。アウォーズでは入賞チームや優秀選手の発表のほか、Jクラブ内定選手や1級審判員昇格者も紹介。また、12月7日(水)から始まる全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)に向けての意気込みや、チームを支えた主務・マネージャーへの感謝のメッセージなどもあり、今回も充実した内容となった。

続きを読む 関西学生サッカーアウォーズ 健闘の2016シーズン

関西学生サッカーからJリーグへ。 新しい夢が始まる。

2016年のサッカーシーズンを前に、関西学生サッカーリーグで活躍した選手たちの中から13名がプロサッカー選手としての道を歩み始めた(2016年1月末現在)。中には特別指定で学生時代にすでにJ1のピッチを経験している選手や、プレシーズンマッチで活躍した選手もいる。今シーズンのJリーグは、彼らの活躍にも注目だ。J1newstars_pics_01

続きを読む 関西学生サッカーからJリーグへ。 新しい夢が始まる。

The KSL Awards 2015 激戦の関西、全国への挑戦。

ksl_pics_02また、この季節が巡ってきた。関西サッカーリーグの年末恒例行事「The KSL Awards 2015」が、2015年も押し迫った12月19日(土)大阪市内のホテルで開催された。今回も200名にのぼる関係者が集まる盛況ぶりで、参加者たちはシーズンを通じての活躍と健闘を讃え合った。 続きを読む The KSL Awards 2015 激戦の関西、全国への挑戦。

関西学生サッカーアウォーズ 2015シーズンの輝きを、忘れない。

2015aw_pic_02

2015年11月29日(日)、関西学生サッカーリーグのフィナーレを飾る「関西学生サッカーアウォーズ」が開催された。会場の関西大学千里山キャンパスには、選手、指導者、保護者をはじめ、関西学生サッカー連盟や関西サッカー協会の関係者など大勢が集まり、今年も賑やかなアウォーズとなった。 続きを読む 関西学生サッカーアウォーズ 2015シーズンの輝きを、忘れない。

スポーツの持つ力を 発揮できる存在に!

2013年、ヴィッセル神戸のJ1昇格を最後に引退した吉田孝行氏。サッカーに対する情熱は熱く、今もまだ現役当時を思い起こさせる姿で、走り続けている。

yoshi_talk_01

セカンドキャリアも
やっぱりサッカーで。

続きを読む スポーツの持つ力を 発揮できる存在に!

サポーターに愛された 桜のレジェンドの今。

セレッソ大阪が誇るレジェンド、森島寛晃氏。今も続く『背番号8』伝説の系譜を生み出した男は、サッカーの楽しさとセレッソ大阪の魅力を笑顔とともに届けている。

morisi_talk_01

サッカーとセレッソの
伝道師として。

続きを読む サポーターに愛された 桜のレジェンドの今。

15年間、何よりもプレーすることを愛したレジェンド。

7月18日、かつて所属した京都サンガのホームスタジアム・西京極の一室で、インタビューは始まった。引退セレモニーを行ったばかりの黒部光昭氏は、静かな声で語り始めた。15年間のプロ生活、平たんではなかった歳月。淡々と語るその言葉の端々に、サッカーへの想いがほとばしる。ただひたすらサッカーを突き詰めてきたレジェンドは、セカンドキャリアという新しいステージをどんな想いで迎えているのだろう。

kuro_talk_01

京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)、セレッソ大阪 在籍 黒部 光昭 氏

 

真摯にサッカーと向き合った日々。
仲間たちとつかみ取った天皇杯優勝。

 

――15年間の現役生活、お疲れ様でした。いちばん長く在籍されたのがキャリアをスタートされた京都パープルサンガ(当時)でした。印象的なことは何ですか?

個人的にはシーズン30得点や日本代表などいろいろありますが、クラブでの経験でいうと2003年元日の天皇杯優勝になります。 続きを読む 15年間、何よりもプレーすることを愛したレジェンド。

サッカーの力、レジェンドの力で関西サッカー界を盛り上げていこう!関西サッカー界のために、レジェンドたちが動き始めた。

セレッソ大阪初代キャプテンで同クラブ強化部長を務め、現在はエージェントとして活躍している梶野智氏が、2015年3月に関西レジェンドクラブを設立したのだ。関西のJリーグ4クラブに所属していた元プロサッカー選手なら誰でも参加できる組織で、これまでパブリックビューイング開催やレジェンドマッチ出場など意欲的に活動している。次は、どんなサッカーの楽しさを観せてくれるだろう。今、関西レジェンドクラブから、目が離せない。

hige_talk_01

一般財団法人 関西レジェンドクラブ 代表理事 梶野 智

すべては、一人のレジェンドの想いから始まった。「もう一度、みんなでサッカーをしよう」

 

――まず、関西レジェンドクラブ立ち上げの経緯を教えてください。

きっかけは、2014年に母校の高校サッカー部のOBマッチに出場したことです。 続きを読む サッカーの力、レジェンドの力で関西サッカー界を盛り上げていこう!関西サッカー界のために、レジェンドたちが動き始めた。