まだ日本にない、Jクラブのあるべき姿。

one_h2_sanga

J2降格とともに、多くの主力選手が京都サンガを去った。若い選手を中心に、新しいチームづくりが始まった。目指しているのは、昇格・降格を繰り返すのではなく、J1に定着し発展するクラブ。そして、京都サンガが生活の一部になるような、あるべきサッカー文化の創造。「そのためには、クラブトータルの力の向上がなければ」祖母井秀隆GM、就任3年目の京都サンガを語る。

続きを読む まだ日本にない、Jクラブのあるべき姿。

チャレンジしないと、 クラブもチームも変われない。

one_h2_ganba

昨季、まさかの降格。今季はJ2で戦っているガンバ大阪。現在は順調に首位をキープし、J1復帰も見えてきた。厳しい現実のなか、どのようなチームづくりをし、再生への道を歩んでいるのか? 強化本部長の梶居氏に伺った。

続きを読む チャレンジしないと、 クラブもチームも変われない。

アマのトップカテゴリーで戦う企業クラブの想い。

one_h2_sagawa

一昔前まではスタンダードだったが、Jを目指す地域クラブが乱立する昨今では貴重な存在に成りつつある「企業クラブ」。その中でも関西の草分け的存在が、このクラブだ。

 

続きを読む アマのトップカテゴリーで戦う企業クラブの想い。

関西リーグを席巻するチームの現在。    

one_h2_fcosaka

圧倒的なチカラで、大阪府リーグから関西リーグへとステップアップしているクラブが、大阪にはある。そして、そのクラブが見据えるのは、さらに上空の景色。大阪で3番目のJを目指すクラブの勢いはスゴイ!

続きを読む 関西リーグを席巻するチームの現在。    

奈良に、Jリーグがある幸福を。   

one_h2_nara

激戦の関西1部リーグで、苦しい戦いを続けるチーム。しかし、大勢の人々が変わらず応援を続けてくれた。J3設立で、クラブも地域もモチベーションが上がる。
奈良にJクラブが誕生する日は、近い。

続きを読む 奈良に、Jリーグがある幸福を。   

ホームゲームのある一日を 和歌山に。

 one_h2_wakayama

野球文化が根強い和歌山に“Jクラブをつくろう”と生まれたアルテリーヴォ和歌山。順調にカテゴリを上りつつ、厳しい現実とも戦っている。今回は地域クラブの現状と意義をGMの児玉さんに伺った。

続きを読む ホームゲームのある一日を 和歌山に。