焦らずに一つひとつ。 世界に通用する選手へ向けて


talk_INAC

INAC神戸レオネッサ 中島依美選手


出身は、高校サッカーで有名な滋賀県・野洲市。
中学時代は、野洲から高槻までを毎日のように通って、サッカーに打ち込んだ。そして、彼女はサッカー選手だけでなく、なでしこジャパンの一員としての夢もつかむ。
関西を代表する“なでしこ”の次なる夢とは?

 

INA_pics_04


サッカー選手『中島依美』の原点


−−サッカーをはじめたきっかけと、どのようにして続けてきたのかを教えてください。

「小学校4年生で始めました。男の子と一緒に遊ぶことが多かったのがきっかけですね。小学生の時の監督が『中学生になったらどうする?』と言ってくださって、いろいろと調べて、他の地域の練習にも連れて行ってくれました。その中で「スペランツァFC大阪高槻」に参加して、通うことを考えて高槻を選びました」

 


−−滋賀から大阪まで通うのは大変ではなかったですか?

「私は好きなことをやらせてもらっていたので、大変だったのは親のほうだったと思います。定期代も結構高かったですから。練習は週に5回。水曜日と金曜日以外は高槻まで行って練習して、日曜日はほとんど試合でした。高槻に集合して、スタッフや親御さんの車で兵庫県三木市まで、よく試合に行っていました。朝はとても早かったですね。辞めたいという気持ちはありませんでした。本当に楽しかったですから。」

 


−−中学時代から大阪でプレーされていましたが、高校は滋賀・野洲高校。サッカー部との交流はありましたか?

「私の姉が乾貴士選手(現フランクフルト)と同じ年で、少しお話させてもらうことはありましたね。私が中3で、乾選手が高2のときに、野洲高校が全国優勝したのはよく覚えています。乾選手は決勝ゴールにも関わっていましたよね」

 


−−一部では「乾選手の妹分」なんてことも言われていますが…

「いやー、そんなことは(笑)。今年、野洲高校の初蹴りで一緒にボールを蹴らせてもらいましたけど、とても上手かったです。乾選手以外にも、荒堀謙次選手(現湘南ベルマーレ)や楠神順平選手(現セレッソ大阪)、他にも元Jリーガーの人たちと一緒に蹴らせていただきました」

 


−−ご自身は昔から攻撃の選手だったのですか?

「そうですね。昔から、左右のサイドやフォワードでプレーすることが多かったですね。中学時代には、阪口夢穂選手(現日テレ・ベレーザ)や上辻佑実選手(現ベガルタ仙台レディース)と一緒にプレーしていました」

 


−−左右両足で蹴れるのは中島選手の魅力の一つですが、それも昔からですか?

「元々は右利きです。小さい頃に、かなり練習しました。小学生の頃に男子の中に入ってプレーしていて、まわりはもっと前からサッカーをしていたので、自分が遅れているように感じました。そんなときに親から『人一倍努力することが大切』と教えられて、自分は両足で蹴れるようになろうと思ったのがきっかけですね」

 


−−ちなみに、ご両親は熱心なサッカーファンだったのですか?

「いや全然です。姉も全然です。私だけです(笑)」

 


−−昔から「プロになろう!」という気持ちを持っていましたか?

「中学生になってから、女子サッカーのことも少しずつ分かってきました。なでしこリーグがあったり、どのような仕組みになっているのとかですね。それにプレーしていたスペランツァFC大阪高槻にはトップチームがあったので、そのレベルでプレーしたいという気持ちは、昔から持っていました」

 


−−女子選手がプロにまでなるのは、難しいとは思いませんか?

「続けることが大変ですよね。私もプレーできる滋賀のチームが少なくて、大阪へ行きました。今は、2011年の女子ワールドカップでなでしこジャパンが優勝して、女子チーム全体の数も増えましたが、まだまだ少ないと思います」

 


−−ワールドカップといえば、今年のブラジルワールドカップがご覧になられましたか?

「はい。見ていました。スペインとブラジルを応援していました。スペインは大好きなバルセロナの選手が何人もいますし、ブラジルは開催国なので優勝して欲しいなぁという感じで、応援していました。でも、まさかの結果でした」

 


−−好きなプレーヤーはいますか?

「最近はバルセロナが好きで、イニエスタ選手を応援しています。ブラジルだと、オスカル選手とネイマール選手ですね。好きな選手のタイプはバラバラです(笑)」

 


−−イニエスタ選手とは、プレースタイルも近いのでは?

「全然、全然。彼みたいに上手くいかないです(笑)。でも、ラストパスの出し方やプレー的にも学べることは多いと思っています」

 


−−海外サッカーは昔からよく見ているのですか?

「INACに入ってから見るようになりました。まわりの選手やスタッフがよく見ているので」

 


−−男子サッカーをどのような目線で見ているのですか?

「女子サッカーと比べると、やはり観客の数も多いですし、ボールに対する競り合いにも迫力がありますね。あの中に入ってプレーしようとは思いませんが、どういうプレーを選択するのかには注目しています。ポジショニングや次にどこへパスを出すのかなどは、見ていても勉強になると思っています」

 


−−中島選手のプレーについてお聞きします。ずばり、一番やりたいポジションは?

「中盤、トップ下です」

 


−−でもマルチプレイヤーだけに、いろんなポジションを任されることも多いですよね? 損だと感じることはありませんか?

「損だと思う人もいるとは思いますが、私はいろんなポジションをやることで、ポジションごとの特性が分かりますし、いざ自分がプレーしたいポジションで出場するときにも生きるので、損だとは思っていません。そのあたりは、常にプラスに考えています」

 


−−ではトップ下として、どんなプレーを注目してもらいたいですか?

「チーム(INAC神戸レオネッサ)では、フォワードの高瀬選手に多く点を獲ってもらえるようなパスを見てもらいたいです。それとミドルシュートです」

 


−−FKも魅力ですよね。どんなキックで、どんなことを考えて蹴っていますか?

「直接狙うときは、曲げるボールが多いですね。合わせるときは、高瀬選手や澤選手など、強くて上手い選手が多くいるので、多少のズレでも合わせてもらえて助かっています。FKは、これからも自分の持ち味として磨いていきたいですね。セットプレーで得点できるのは、チームとしても大きいので」

 


−−FKを蹴るときは、緊張しませんか?

「負けているときは、特に緊張します」

 


−−メンタルは強い方ですか?

「いや、弱いです(笑)」


−−お手本にしている選手は?

「INACでの澤選手や代表での宮間選手など、近くでプレーしていて、本当に勉強になります。例えば、澤選手だと『読みが鋭い』。ボール回しの練習をしていても、澤選手が中に入ったら、すぐに読まれて取られますから。私は守備に課題があると思っているので、練習から意識して、そのような読みの部分は吸収していきたいところです」

 


−−現在のINACには、若手選手も多くいます。若手の見本となることを意識されますか?

「私も入団6年目にもなりましたし、私自身も上の選手ばかりに頼ってはダメだと思っています。澤選手ほど、背中で見せられる感じには、まだなっていませんが、プレーで見せて引っ張っていけるようにはなりたいです」

 


−−ちなみに今のINACでは、どのような立ち位置ですか?

「すごい甘えん坊です(笑)。年上の選手と一緒に過ごすことが多いので、甘えさせてもらっています。プライベートでも食事に連れて行ってもらったり、LIVEに連れて行ってもらったり。食事は、自分じゃとても行けない高級なところに連れて行ってもらったりしています(笑)」

 


−−食事中の会話は、どんな話をするんですか?

「サッカーの話もしますし…あとはご想像にお任せします(笑)」

 


−−先輩選手を“女性として”見習うこともありますか?

「そうですね。例えば澤さんだったら、料理も上手で、私服もカッコいいです。髪の手入れもしっかりされているので、参考にさせてもらうことは多いです」

 


−−中島選手も趣味はショッピングなんですよね?

「はい。オフは街でよくショッピングしていますね。サッカー選手ですが、オフは普通の女子として街を歩いていますよ(笑)」

 


−−ファンの方に会われることもあるのでは?

「なでしこジャパンに選ばれるようになってからは、街でも声を掛けられるようなことが増えました。今まで、そんなことはなかったので、テレビの影響ってスゴイなって(笑)。でも、応援してくれているんだなーと思うと、嬉しいです」

INA_pics_03


今シーズン、INAC神戸が苦しんでいる。しかし…

 


−−今シーズン、INAC神戸には厳しいシーズンとなっていますが…

「昨年までの主力が抜けて、経験の浅い選手も起用される中で、昔から取り組んでいたボゼッションサッカーをすることが難しくなっています。でも自分たち年上ができることを実行して、引っ張っていかなければならいと思っています。優勝することが目標には変わりないので、チーム一丸となって戦っていくだけです」

 


−−昨年とフォーメーションは変わりましたよね?

「そうですね。その中でも私は比較的、自由を与えられている方です。特に攻撃になったら“自由”と言われていますが、逆に守備になったらしっかりと守るように言われています。それだけに、守備は今の自分自身の課題でもあります」

 


−−守備のどのようなところが難しいですか?

「個人的にまだまだ球際の弱さがあると思っています。代表に行ったときに、海外のチームと戦うことで痛感しました。フィジカル面の物足りなさも肌で感じましたが、それの改善は練習でやっていくしかないと思っています」

 


−−厳しい順位の中、INAC神戸のチームワークは、どうですか?

「今は、勝てない試合が多いですが、チームでミーティングして、コミュニケーションを取って、みんなで「がんばろう!」という共通意識は持つようにしています。それに負けていても得られることもあると思いますし、シーズン当初に比べれば、より一層コミュニケーションも取れているので、良くなっています」

 


−−そんなチームでプレー出来て幸せですよね?

「そうですね。環境も他のチームと比べても素晴らしいですし、仕事としてプレーさせてもらえていることは幸せだと思っています。それだけに責任も感じていますし、支えていただいている方々にも感謝しています。そんな私たちが恩返しできるのはピッチの上ですので、最後は優勝するしかないと思っています」

 

INA_pics_02

なでしこジャパンへの想い。そしてアジアカップ中国戦。

 


−−代表チーム(なでしこジャパン)については、どのような想いがありますか?

「定着するには、まだまだ足りないことが多いです。来年のワールドカップのメンバーに入るためには、やはりチームで活躍するしかありませんから、まずはチームでしっかりと結果を出すことを考えていきたいと思います。それで選ばれるかどうかは、なでしこジャパンの監督が決めることです」

 


−−なでしこジャパンはどんな雰囲気ですか?

「はじめて選ばれたときから考えれば、自分のプレーを出すことはできるようになってきました。選ばれる回数が増えて、自分の持ち味も出せるようになってきましたし、まわりの選手のスタイルも分かってきたので、やりにくいという感じはもうないですね」

 


−−なでしこジャパンで、中島選手自身はどんなモノを求められていると思いますか?

「運動量ですね。それとフィニッシュ。特にカットインからのシュートですね」

 


−−集合期間の短い代表チームで、意思の疎通を図るために気をつけていることは?

「例えば、練習で紅白戦をした場合、その日の夜に全員でビデオを見て、修正ポイントを話しあったりします。そういう時間を宮間選手が先頭に立って作ってくれています」

 


−−代表チームに入って、成長したと感じますか?

「気持ちの部分は成長したと感じています。そういう部分は海外のチームと戦わないと分からないことが多いですから。例えば、ドイツ代表では、私よりも若い選手が活躍しています。そんな相手と試合をして、自分の物足りなさも実感しました。あの若さで、あれだけのプレーをされると、数年後はもっと怖いなと…。日本はまだまだ私を含めて、若い選手が出てきていないので、強い気持ちを持つことを、見習わなければいけません」

 


−−世界の中で、なでしこジャパンはどんな位置づけだと思いますか?

「世界の女子サッカーレベルも年々上がってきています。蹴るだけでなく、しっかりとつなぐチームも増えてきました。その中でなでしこジャパンも、より一層成長できれば良いとは思っています」

 


−−なでしこジャパン対策をされているように感じますか?

「おそらく映像なども多く出回っているので、対策は立てられていますね。特に上手い選手や中心選手は研究されて、マークも厳しくなっていくはずです。研究する方のレベルも、高くなっていると感じています」

 


−−ライバル国や注目している国はありますか?

「やはりアメリカは強いと思います。パワーが違いますよね。実際に戦って見ると、本当に『何、食べてんねん!』と思いますから(笑)」

 


−−代表チームの試合で印象に残っているのは?

「2014年アジアカップでの中国戦ですね。自陣のゴール前でハンドして、相手のPKから得点を決められてしまって…。最終的には勝ったのですが、なでしこジャパンのチームワークの厚さを感じた試合でした」

 


−−その試合、途中で交代した後に、ベンチで声を出していた姿が印象的でした。

「これまでに、日本はアジアカップで優勝したことがなかったので、チームとして優勝することは大きな目標でした。それだけに、ここで俯いていても仕方ないと思って。代わった後にできることは、声を出すことだけだったので精一杯やりました」

 


−−先ほどメンタルが強くないと言っていたのはウソですね(笑)

「いやいや、本当に強くはないですよ(笑)。だから試合後は、感動して号泣しました。勝って本当に嬉しかったです」

 


−−佐々木監督はどんな方ですか?

「怖くはないです。オヤジギャグを言っていますが、結構みんな無視しています(笑)。みんなも『ノリさん』という感じで呼んでいますし、フランクに接してくれて、優しい方だと思います」

 


−−代表の試合だとプレッシャーのかかる場面も多いと思うのですが、どのように乗り越えているのですか?

「よく澤選手に言われるのが『自分を信じること』です。『練習でやってきたことは、絶対にできる』とも教えてもらったので、その言葉を信じてやるだけです。練習でできないことは試合でもできないですから。試合のための練習であることを意識して、毎日取り組んでいますね。いつも良い環境で練習させてもらっている分、いつも全力でやっています」

 

INA_pics_05


ひとりのプレーヤーとしての夢。大好きなチームとの夢。

 


−−今、どんな夢を持っていますか?

「夢は、やはり世界に通用するプレーヤーです。そのために、やるべきことややらなければならないことも、自分自身でわかっているので、キックの精度にしても、フィジカルにしても、焦らずに一つひとつ積み重ねていくことを考えています。どちらかと言うと、夢に向かって着実にステップアップしていくことを、考えるタイプです」

 


−−海外チームへの想いはありませんか?

「いずれは行ってみたいという気持ちはあります。プレーだけでなく生活のことなど、海外へ行かないと分からないこともたくさんありますし、それを経験してこそ成長できる部分も多いと思うので。海外チームに所属した先輩たちからは「メンタルが強くなる」というのはよく聞きます。言葉は毎日聞いていたら、自然に慣れるとも言われましたね」

 


−−ちなみに語学は?

「全然ダメです(笑)。チームの外国人選手とも単語、単語、単語で会話しています(笑)。でも、やっぱり英語を話せて損はないので、つい最近、個人レッスンで習い始めました!」

 


−−『INAC神戸の中島依美』としての夢はありますか?

「INACの名前が、もっと世界に知れ渡るようにしたいですね。そのためにリーグはもちろん、IWCC(国際女子サッカークラブ選手権)などの大会で優勝することが、絶対だと思っています。それだけに、まずはリーグ優勝することからだと考えています」

 


−−中島選手が思う、女子サッカーの魅力は?

「女子サッカーに限らず、スポーツは「感動」を与えてくれるところじゃないでしょうか。なでしこジャパンがワールドカップを優勝してからは、「見たい!」と思われる選手が増えたことも魅力ではないでしょうか」

 


−−女子サッカー、特になでしこジャパンは「諦めない」という印象が強くあります。

「最後まで諦めないのは絶対です。負けていても、勝っていても。サッカーは最後まで何が起こるかわかりません。チームとしてだけでなく、個人個人が諦めない気持ちを持つことは絶対です」

 


−−最後にメッセージを!

「皆さんが、会場まで足を運んでくださって、チームはもちろん選手一人ひとりにとっても力になっています。皆さんが声を出してくれるだけで、本当に「がんばろう!」という気持ちになりますので、できれば会場に来ていただいて応援していただけると嬉しいです。よろしくお願いします!」

 

 

Text by Yoshitomi NAKANISHI