The KSL Awards 2018

関西サッカーリーグ(KSL)年末の恒例行事The KSL Awards 2018が、12月15日(土)大阪市内のホテルで開催された。シーズンを沸かせた選手・監督、リーグ関係者からファン・サポーターまで大勢が集まり、受賞選手のスピーチやハイライトシーンの上映を通じてこの一年を振り返った。今年の関西サッカーリーグDivision1優勝はバンディオンセ加古川、MVPは同クラブの鈴木玲央選手が受賞。Manager of the Yearにはリーグ準優勝のおこしやす京都AC 石田祐樹監督が選出された。また、Division2優勝のSt.Andrew’s FCの表彰ではインカレ出場の桃山学院大学サッカー部に帯同している田村直弘監督からのメッセージが読み上げられ「インカレ登録メンバーの半数以上はKSLを経てトップチームにステップアップした」と試合の厳しさとリーグでの経験の大切さを語った。

続きを読む The KSL Awards 2018

降格からの飛躍。全員が動く攻撃サッカーで、名門企業クラブの復活を。

ain_talk_01

アイン食品株式会社サッカー部 監督 嶋田 正吾氏

昨年、アイン食品がDV1から降格し、パナソニックエナジー洲本は休部が決定した。
苦境に立たされている企業クラブだが、意地とプライドは失ってはいない。
巻き返しに向けて、アイン食品は動き出している。

続きを読む 降格からの飛躍。全員が動く攻撃サッカーで、名門企業クラブの復活を。