サポーターの思いも背負って、僕たちは戦っていく。

京都サンガF.C. キャプテン 染谷悠太選手

Interview 雨堤 俊祐 氏(ライター)、ケチャップ 河合 氏(タレント)

 

こんなシーズンになると、誰が予想しただろう。開幕から勝利が遠く下位に低迷し、5月11日には監督交代を発表するに至った。結果が出ない中、選手たちはどんな思いで戦っているのだろうか。

今回は、長年にわたって京都サンガを見守ってきた二人、ライターの雨堤俊祐氏とタレントでサポーターのケチャップ河合氏とともに、今シーズンからキャプテンを務める染谷悠太選手にチームの今と選手たちの思いを聞いた。

インタビュー/2018.6.19

 


監督が目指すサッカーをピッチで表現できていない。

続きを読む サポーターの思いも背負って、僕たちは戦っていく。

一生懸命にプレーする姿は、必ず誰かが見ている。

ガンバ大阪 強化アカデミー部 スカウト

中澤 聡太 氏

 

サッカーに限らずプレーを見てきた選手の現役引退は、ひとつの時代の終わりを感じてさみしさがこみ上げる。しかし、彼らのサッカー人生は終わったわけではない。そこから新しいキャリアがはじまり、選手時代とは一味違う輝きを放つ。

センターバックとして気持ちの入った熱いプレーで最終ラインからチームを鼓舞し、数々のタイトルを獲得してきた中澤聡太さん。現役引退後に古巣であるガンバ大阪へと戻り、スカウトとして全国を飛び回っている。「今が楽しくて仕方がない」と笑う中澤さんに、スカウトの醍醐味を聞いてみた。

ガンバ大阪に恩返しをしたい。

続きを読む 一生懸命にプレーする姿は、必ず誰かが見ている。

森岡隆三×江添建次郎 SPECIAL TALK

talk_01

 

選手も、コーチも、JFLもワールドカップも!
サッカーの楽しさに、果てはない。

 

関西のJクラブでも活躍し、キャプテンシーあふれるプレーでスタジアムを沸かせた。

最終ラインからの力強いコーチングは、選手たちを鼓舞しチームを奮い立たせた。

現役を引退した今も、その情熱は変わらない――

共通項も多い二人のセンターバックが、今年、佐川印刷京都サッカークラブで邂逅する。

コーチとしてサッカーに向き合う二人に、4つのテーマで、熱い思いを語ってもらった。

続きを読む 森岡隆三×江添建次郎 SPECIAL TALK

The KSL Awards 2013 もっと、サッカーを愛する関西へ

IMGP7098

これほどまでのアウォーズを開催する地域リーグは、そう多くはないはずだ。1221日(土)大阪市内のホテルで開催されたThe KSL Awards 2013。リーグ関係者、フロント・監督・選手、ファン・サポーターが一堂に会し、各表彰を通じてタフなシーズンの健闘を讃え合う。戦いを終えた柔らかな笑顔の中には、来季への闘志や涙もあった。関係者のスピーチ、インタビューから、2013シーズンの関西サッカーリーグを振り返ってみる。

 

関西サッカーリーグ、激戦の2013シーズン。

シーズンのフィナーレを飾る、華やかなパーティ。

関西サッカーリーグの表彰式は以前から行われていたが、市内ホテルのバンケットホールで開催されるのは今回で4回目になる。フォーマルなパーティの雰囲気は、関西リーグのプライドとステイタス。この舞台で表彰されるということは、関西を舞台にプレーするすべてのサッカー選手たちの頂点にいることを意味するのだ。

続きを読む The KSL Awards 2013 もっと、サッカーを愛する関西へ

まだ日本にない、Jクラブのあるべき姿。

one_h2_sanga

J2降格とともに、多くの主力選手が京都サンガを去った。若い選手を中心に、新しいチームづくりが始まった。目指しているのは、昇格・降格を繰り返すのではなく、J1に定着し発展するクラブ。そして、京都サンガが生活の一部になるような、あるべきサッカー文化の創造。「そのためには、クラブトータルの力の向上がなければ」祖母井秀隆GM、就任3年目の京都サンガを語る。

続きを読む まだ日本にない、Jクラブのあるべき姿。

チャレンジしないと、 クラブもチームも変われない。

one_h2_ganba

昨季、まさかの降格。今季はJ2で戦っているガンバ大阪。現在は順調に首位をキープし、J1復帰も見えてきた。厳しい現実のなか、どのようなチームづくりをし、再生への道を歩んでいるのか? 強化本部長の梶居氏に伺った。

続きを読む チャレンジしないと、 クラブもチームも変われない。

アマのトップカテゴリーで戦う企業クラブの想い。

one_h2_sagawa

一昔前まではスタンダードだったが、Jを目指す地域クラブが乱立する昨今では貴重な存在に成りつつある「企業クラブ」。その中でも関西の草分け的存在が、このクラブだ。

 

続きを読む アマのトップカテゴリーで戦う企業クラブの想い。

関西リーグを席巻するチームの現在。    

one_h2_fcosaka

圧倒的なチカラで、大阪府リーグから関西リーグへとステップアップしているクラブが、大阪にはある。そして、そのクラブが見据えるのは、さらに上空の景色。大阪で3番目のJを目指すクラブの勢いはスゴイ!

続きを読む 関西リーグを席巻するチームの現在。    

奈良に、Jリーグがある幸福を。   

one_h2_nara

激戦の関西1部リーグで、苦しい戦いを続けるチーム。しかし、大勢の人々が変わらず応援を続けてくれた。J3設立で、クラブも地域もモチベーションが上がる。
奈良にJクラブが誕生する日は、近い。

続きを読む 奈良に、Jリーグがある幸福を。   

ホームゲームのある一日を 和歌山に。

 one_h2_wakayama

野球文化が根強い和歌山に“Jクラブをつくろう”と生まれたアルテリーヴォ和歌山。順調にカテゴリを上りつつ、厳しい現実とも戦っている。今回は地域クラブの現状と意義をGMの児玉さんに伺った。

続きを読む ホームゲームのある一日を 和歌山に。