15年間、何よりもプレーすることを愛したレジェンド。

7月18日、かつて所属した京都サンガのホームスタジアム・西京極の一室で、インタビューは始まった。引退セレモニーを行ったばかりの黒部光昭氏は、静かな声で語り始めた。15年間のプロ生活、平たんではなかった歳月。淡々と語るその言葉の端々に、サッカーへの想いがほとばしる。ただひたすらサッカーを突き詰めてきたレジェンドは、セカンドキャリアという新しいステージをどんな想いで迎えているのだろう。

kuro_talk_01

京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)、セレッソ大阪 在籍 黒部 光昭 氏

 

真摯にサッカーと向き合った日々。
仲間たちとつかみ取った天皇杯優勝。

 

――15年間の現役生活、お疲れ様でした。いちばん長く在籍されたのがキャリアをスタートされた京都パープルサンガ(当時)でした。印象的なことは何ですか?

個人的にはシーズン30得点や日本代表などいろいろありますが、クラブでの経験でいうと2003年元日の天皇杯優勝になります。 続きを読む 15年間、何よりもプレーすることを愛したレジェンド。

ファミリーの絆を強さに変えて。 クラブに関わる全員で、戦おう。

sanga_talk

京都サンガF.C. 強化部部長 野口 裕司 氏

加入は1994年。“京都パープルサンガ”創設時から、9年間このクラブでプレーした。現役引退後も普及部コーチやスカウトとしてクラブに携わり、今シーズン、強化部部長に就任。現役時代の呼び名に触れると「たまたま長く在籍しただけですから」と笑うけれど、変化の激しい揺籃期からずっとチームで活躍し続けるのは並大抵ではないだろう。サッカーへの情熱、クラブ愛、選手・チームへの思いと献身は、当時も今も変わらない。
ミスターサンガは、その名のとおりこのクラブによく似ている。
明るく誠実で、ひたむきに夢と向き合い、どこまでも熱い。

続きを読む ファミリーの絆を強さに変えて。 クラブに関わる全員で、戦おう。

どんな時も“京都サンガ”であるために。

KS_talk_01

京都サンガF.C. GM 祖母井 秀隆 氏

若手中心でチームをつくりあげてきた3年間――最後の最後で、昇格は叶わず。
それでも前に進まなければならないクラブに、今年、バドゥ監督がやってきた。
明るく、熱く、真っ直ぐな笑顔と繊細な心くばりは、まわりの人々を魅了する。
祖母井GMの旧友であり、世界15クラブと3カ国の代表監督を務めた新監督のもと
京都サンガは、4年目のJ2リーグを全員で戦う。

続きを読む どんな時も“京都サンガ”であるために。

新監督のもと、京都から発信する新しいサッカーのカタチ。

SP_talk_01

佐川印刷京都サッカークラブ 監督 辛島 啓珠

JFLで企業クラブとして戦い続ける佐川印刷京都サッカークラブ。2014年シーズンは、京都サンガF.C.との業務提携により“京都”という単位で連携した、新しい体制で挑んでいる。今シーズンへの意気込みと、地元のクラブに就任した想いを新監督の辛島啓珠さんに聞いた。

 

続きを読む 新監督のもと、京都から発信する新しいサッカーのカタチ。

それでもサッカーが好きだから。どこよりも熱く、ひたむきに戦う。

shiko_talk_01

京都紫光サッカークラブ 監督 児島 信章 氏

設立は1922年。100年近い歳月をずっとサッカーと向き合ってきたクラブが、京都にある。トップチームを率いるのは20代の青年監督。さまざまな苦悩を抱えながらひたむきに戦うクラブの“今”を語っていただいた。

 

続きを読む それでもサッカーが好きだから。どこよりも熱く、ひたむきに戦う。