大学サッカーは、決して回り道ではない。

talk_01_hannan

阪南大学サッカー部監督、阪南大学流通学部教授 須佐徹太郎氏

「どうせやるなら日本一を目指す組織にしたい」。確固たる目標を持って突き進んできた須佐徹太郎監督のもと、就任当初3部リーグだった阪南大サッカー部は今や強豪校へと変貌した。大学での経験は、選手として人として成長させてくれる。数多の選手が時に迷い挫折しながらも、成長して卒業していった。プロになる選手もいれば、別の進路へ進む学生もいる。そんな分かれ道に立ち続けてきた須佐監督に、大学サッカーの現状と未来についてお聞きした。

 

続きを読む 大学サッカーは、決して回り道ではない。