【南紀オレンジサンライズFCコラム #15】最後の挑戦

『サッカークラブを通じた地域創生を目指して!』 和歌山県の紀南地方を中心に活動を予定しているサッカークラブ「南紀オレンジサンライズFC」のリレーコラム。今回は2022年からの入団が決まっている木村圭貴選手からの投稿です。

 

【挨拶】

この度、南紀オレンジサンライズFCに所属することになりました。木村圭貴です。よろしくお願いいたします。

 

【これまでの事】

私は幼稚園からサッカーをしていました。高校では名門校に入れたものの、怪我に苦しみ中々思うようにプレー出来なかったため、大学からはサッカーやらないようにしようとも思いました。しかし、地元の社会人チームからオファーをいただき、そこでプレーさせてもらいました。

大学2年の頃にドイツにサッカー留学をしに行きましたが、出発直前で階段から落ちて足首を負傷するなど少し抜けている部分もあり、留学ではあまり成果を上げられませんでした。その中でも、文化の違いやサッカーで学べたこともあったのでいい経験だったと思っています。

大学卒業してからは就職せずに、まだボールを蹴りたい思いがあってオーストラリアに約1年半サッカー留学に行きました。そこでは、英語環境だったり自分より背の高い選手たちと戦ったり、サッカーのスキル向上だったりと非常にいい経験をさせていただき、人生の中で1番有意義な時間だったと思っています。挑戦の環境を与えてくれた両親に感謝しています。

日本に帰国してからは、福岡市2部リーグのチームに練習参加させてもらったりしていましたが、仕事の関係で土日の休みがあまりなくサッカーをやらない日々が続いていました。身体を動かすことだけは辞めたくかったので、筋トレだけをする日々に変わっていきました。

 

【クラブに入団した理由】

最初は年齢も年齢なのでどうしようか凄く悩みましたが、クラブが取り組もうとしているプロジェクトを見て楽しそうだなって思ったのが率直な感想です。「移住してサッカーをしながら地域活動」って普通の人がやれない事だなって思い、やらずに後悔はしたくなかったので挑戦したく応募して入団させていただく形になりました。

 

【目標】

入団したからにはチームを優勝させて昇格すること。楽しくプレーすること。そのために、まずレギュラー争いに勝つこと。チームとして必要な選手になれるように励みます。ピッチ外では、人としての成長と地域活動に貢献できるよう励みたいです。これから応援してもらえるように努力しますので、よろしくお願いいたします。

 

南紀オレンジサンライズFCの最新情報はホームページや各種SNSからご確認ください。
ホームページ:https://nankifc.com/
Twitter:https://twitter.com/nanki_fc_2020
Instagram:https://www.instagram.com/nanki_fc_2020/

※過去のコラムはこちらからご覧いただけます。
【南紀オレンジサンライズFCコラム #1】サッカークラブの新たな可能性
【南紀オレンジサンライズFCコラム #2】人生を懸けた勝負
【南紀オレンジサンライズFCコラム #3】自分なりにチームをサポート出来ること!!
【南紀オレンジサンライズFCコラム #4】諦めかけた夢
【南紀オレンジサンライズFCコラム #5】好きなことに生きる
【南紀オレンジサンライズFCコラム #6】スポーツ選手を育成する
【南紀オレンジサンライズFCコラム #7】南紀オレンジサンライズFCと農業
【南紀オレンジサンライズFCコラム #8】農業体験(梅の収穫)を終えて
【南紀オレンジサンライズFCコラム #9】自分を信じて
【南紀オレンジサンライズFCコラム #10】ここが自分にとって最高の舞台
【南紀オレンジサンライズFCコラム #11】人生の決断
【南紀オレンジサンライズFCコラム #12】新たな地で
【南紀オレンジサンライズFCコラム #13】これまでの経験と目標
【南紀オレンジサンライズFCコラム #14】Restart

 

プロフィール
木村圭貴(きむらよしき)
1995年6月10日生まれ。福岡県出身。
東福岡高等学校 → AC ambitious(福岡市リーグ)→ Musgrave GU(Gold Coast League)→ Runnawaybay(Gold Coast League)

onewebkansai

関連記事